業務用の高圧洗浄機に取り付ける高圧ホース

高圧洗浄機には家庭用と業務用とがありますが、業務用高圧洗浄起用の高圧ホースは、家庭用の高圧洗浄機に取り付けることができない場合がありますから注意が必要です。

 
家庭用と業務用の大きな違いは耐久性で、想定している使用時間が選び方のポイントとなります。
業務用には100V、200Vがあり家庭用は100Vになります。吐出圧力や吐出水量が家庭用と同じように見えるかもしれませんが、家庭用の製品はどのメーカーも週1回1時間程度の使用を想定して設計していますから、それ以上の頻度で使用すると寿命が短くなったり故障の原因になる場合もあります。

 

家庭用の高圧洗浄機は、メンテナンスの可否や耐久性、洗浄力など業務用に劣ってしまいます。また200Vの方がより耐久性も高くパワーもありますから、連続で何時間も使用する、毎日使用する、頑固な汚れの清掃に使用するという状況であれば業務用の200Vをおすすめします。
スペックが不足してしまうと買い替えによけいなコストを発生させてしまいますから、最初から200Vの高圧洗浄機を検討してみるとよいでしょう。

 

連続使用が多いとどうしてもパッキンなどの部品が劣化してしまい、水漏れや圧があがらないといった原因になります。そのため修理を行う必要がありますが、異端だパッキンが使用されている箇所を丸ごと交換するのか、パッキンだけを交換するかによって修理金額は大きくことなります。
定額修理制を導入している場合には、一式交換した方がお得かもしれませんが、パッキン一つですむような場合には割高になりますからメンテナンスも十分考慮することが大切です。

 

クランツレのK-1122TSTは修理の際部品交換で対応していますし、アクセサリーや内部パーツにも耐久性があり、自分でもオイル交換をすることができますからおすすめです。
クランツレはドイツに本拠地をおく清掃機器メーカーで、すべての製品をドイツ国内で専門スタッフが出荷前点検を行っていますし、修理も部品交換で対応していますからメンテナンス代を抑えることができます。