業務用の高圧洗浄機に取り付ける高圧ホース

高圧洗浄機には家庭用と業務用とがありますが、業務用高圧洗浄起用の高圧ホースは、家庭用の高圧洗浄機に取り付けることができない場合がありますから注意が必要です。

 
家庭用と業務用の大きな違いは耐久性で、想定している使用時間が選び方のポイントとなります。
業務用には100V、200Vがあり家庭用は100Vになります。吐出圧力や吐出水量が家庭用と同じように見えるかもしれませんが、家庭用の製品はどのメーカーも週1回1時間程度の使用を想定して設計していますから、それ以上の頻度で使用すると寿命が短くなったり故障の原因になる場合もあります。

 

家庭用の高圧洗浄機は、メンテナンスの可否や耐久性、洗浄力など業務用に劣ってしまいます。また200Vの方がより耐久性も高くパワーもありますから、連続で何時間も使用する、毎日使用する、頑固な汚れの清掃に使用するという状況であれば業務用の200Vをおすすめします。
スペックが不足してしまうと買い替えによけいなコストを発生させてしまいますから、最初から200Vの高圧洗浄機を検討してみるとよいでしょう。

 

連続使用が多いとどうしてもパッキンなどの部品が劣化してしまい、水漏れや圧があがらないといった原因になります。そのため修理を行う必要がありますが、異端だパッキンが使用されている箇所を丸ごと交換するのか、パッキンだけを交換するかによって修理金額は大きくことなります。
定額修理制を導入している場合には、一式交換した方がお得かもしれませんが、パッキン一つですむような場合には割高になりますからメンテナンスも十分考慮することが大切です。

 

クランツレのK-1122TSTは修理の際部品交換で対応していますし、アクセサリーや内部パーツにも耐久性があり、自分でもオイル交換をすることができますからおすすめです。
クランツレはドイツに本拠地をおく清掃機器メーカーで、すべての製品をドイツ国内で専門スタッフが出荷前点検を行っていますし、修理も部品交換で対応していますからメンテナンス代を抑えることができます。

高圧洗浄機用の高圧ホースの特徴

プロ御用達の高性能な掃除アイテムとして知名度も高い高圧洗浄機ですが、最近ではホームセンターやネット通販など、身近なところで見かけることも多くなっており、プロだけでなく普通の人でも自宅の自宅の掃除用に購入したり、レンタルするケースも増えてきています。

 

そんな高圧洗浄機ですが、高圧で液体を噴射するため、力を込めずに頑固な汚れも簡単に落とすことができます。もっとも当然ですが、昔ながらのアナログな掃除用具と異なり、高圧洗浄機は機械の部類に含まれる掃除アイテムです。それゆえに本体だけでなく、それに適した専用の高圧ホースやノズル、カプラーや継ぎ手といった部品も必要ですし、排水管洗浄ホースや高圧洗浄ガンなどの付属品も存在しています。

 

これらの中でも高圧ホースは、一見すると普通のホースと大差ないように思えますし、いろいろな種類が存在していても、どれもこれも見ただけでは同じように見えてしまします。けれども高圧洗浄に耐えられるだけの耐久性があり、通常のホースよりも頑丈ですし、種類についても実際に使用してみれば、使いやすさや互換性も種類によってかなり違ってきます。またもっともシンプルなカプラー無しタイプでも、サイズや太さの種類はいろいろありますし、カプラー有りタイプになれば、もっと種類が豊富になります。

 

そして家庭用や業務用かで種類が違ってきたり、社名によっても比較が可能です。それらの中でも比較のしやすいポイントとしては、やはりホースの太さや長さ、内径などのサイズですが、他にも軟らかいか固いかといった比較ポイントもあります。ちなみに高い耐久性を発揮する業務用などは、ホースの内膜に金属のワイヤーが編み込まれているため、ゴムのホースでも高い耐圧力を保っています。

 

しかしながら中には粗悪品も紛れており、そういったものもは聞いたことのない海外製品の安売りをしているものにとくに多く見られるので、それらを知らずに購入して失敗してしまうケースもあるため、そういったリスクを背負わないためにも、購入前にメーカー名の確認も忘れないようにしましょう。